<< 11月14日 海・Love Loveフェスタへ参加 | main | 10月17日 白保日曜市 >>
2010.11.28 Sunday

生物多様性条約締約国会議 CBD-COP10

0
    今年の10月愛知県名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)のサイドイベントで、白保魚湧く海保全協議会の活動が注目され、報告を行ってきました。



    生物多様性っというと難しい言葉ですが、生物の種内、種間やその生息する自然環境などの多様性が豊かなほど安定して、かつ、人間にとってもメリットがあるということを指す言葉です。
    今年から2年間日本政府が世界の国々をリードして、その生物多様性の保全と持続的な活用に取り組むこととなっています。



    各国政府の代表団などの他、世界各地からNGO、NPOなど、市民団体も参加し、世界の生物多様性保全のためのアピールを行いました。
    白保魚湧く海保全協議会も写真展等に参加してきた、沖縄生物多様性市民ネットワークもブースを出して、沖縄の自然保護、平和、人権問題を訴えました。



    白保にサンゴ礁保護研究センター・しらほサンゴ村を設置しているWWFも世界のネットワークとしてブースを展示したり、各国代表へのロビー活動を展開していました。



    そして何よりも、この国際的なイベントの中で、白保魚湧く海保全協議会が地域の皆さんと取り組んできた、海垣の復元活用や地域でのルールづくり、資源管理の取り組みが注目され、発表の機会を得ました。10月22日には、上村真仁事務局長がプレゼンテーションを行いました。

    世界に注目される取り組みをしている白保の活動に誇りを持ち、より一層人とサンゴの海が調和して暮らせる村づくりを進めて行ければと考えています。是非、皆さんも一緒に取り組みましょう。

    Posted by しらほサンゴ
    沖縄県石垣島白保
    白保魚湧く海保全協議会
    Categories
    Selected Entries
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    ブログ内検索
    Archives
    Links
    Profile
     
    Others