<< サンゴウィーク 日曜市アーサ汁振る舞い | main | 3月19日 白保中学校月桃植え >>
2011.07.30 Saturday

中庭のアコウ木撤去

0
    WWFサンゴ礁保護研究センター しらほサンゴ村がオープンしてから、早10年。
    開館と共にセンターの中庭に植樹した「アコウ木」も、サンゴ村と同じように歳を重ねてきました。
    オープン当初は小さな苗木だった木が、10年も経てば立派な1本前の樹木です。

    これまでも、木が大きくなりすぎないように枝や根っこを切るなどしてきましたが、これ以上育つと館内の回路を割ってしまう恐れがあるため、サンゴ村がオープン10周年を迎えたのを機に、撤去することとなりました。


    オープン当初のアコウ木です。

    まだ小さくて、かわいいですね^^

    夏の暑い時期に開催する日曜市の時などには、お客さんに涼しい日陰を提供してくれました。



    日差しは遮られるし、風通しはいいしでとても心地よかったです。


    そしてこれがアコウ木最後の姿です。

    ちょうど葉が落ちる時期だったため、なんだか余計に哀愁が漂っています

    ここまで育った木を切るのは、やはり心苦しいもの。
    そしてなんだか悪いことをしているような気分になるものです。

    大泊成吉おじーにニンガイをしてもらい、最後のお別れをしました。


    ニンガイ終了後、いよいよ木を伐採していきます

    切ないですね〜・・・

    伐採してみてわかったことですが、
    木の根っこはコンクリートを突き破り、地中の排水溝を辿って約5mほど成長していました!ここまでとはびっくりです。


    伐採後は寂しくなった中庭ですが、少しだけ広く使えるようにもなりました。


    今まで涼しい日陰の提供、ありがとうね〜♪


     
    沖縄県石垣島白保
    白保魚湧く海保全協議会
    Categories
    Selected Entries
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    ブログ内検索
    Archives
    Links
    Profile
     
    Others